メニュー

食レポ - J+(ジェープラス)‐東大阪市徳連商店街の理髪店です。

06-6745-8787 お問い合わせはこちら instagram9

  • 東大阪の美味しいうなぎ屋をたずねて

    作成日2019年07月22日(月)

    スーパーのうなぎも安くておいしいですが、やはりうなぎ専門店(うなぎ屋)で頂く焼きたてはたまらなく旨いものですよね

     

    今回は、東大阪のうなぎ専門店をいくつか紹介したいと思います。 

     

     

    うなぎの豊川

    近鉄奈良線「東花園駅」北側出口から徒歩2分のところにあります。  

     

    IMG 20190721 185158

     

    千日前の本店からのれん分けした老舗店になります。本店はなくなりここだけになりましたが、皮はサクッと身はふっくらという関西の蒲焼の特徴を残しています。

     

    うな重肝吸い付きで 3,000円 

     

    鰻みさき 本店 

    JR 学研都市線「鴻池新田駅」南口から東側に徒歩5分、イオン鴻池店の向かい側にあります。

       

    IMG 20190721 184903

     

    タレに特徴があり、焼き上がりに独特のツヤがあります。奥には座敷があってご家族でもゆったり頂けます。

     

    うな重(並) 肝吸いと合わせて 2,250 円

     

     活うなぎ料理 大正軒

    近鉄けいはんな線「吉田駅」から北へ約 500m リーガルハイツ 1F にあります。

     

    IMG 20190812 230913

     

    本店は土佐高知で 100 年以上の歴史ある老舗で、3 年ほど前に大阪店がオープンしたそうです。

     

    靴を脱いでゆっくりくつろげる店内でカップルで利用する顧客が多いですね。スタッフのホスピタリティもばっちりです。ただし、完全予約制ですのでご注意ください。

     

    うな重定食(並)肝吸い付きで 3,865 円

     

    うな花(旧店名「鰻みさき」)

    上述の「鰻みさき本店」の姉妹店です。鰻みさき本店から東に 550 m のところにあります。

     

    DSC 1220

     

    風味の品質と特徴は「鰻みさき 本店」とほぼ同じですが、お気軽な価格が魅力的です。

     

    鰻丼(並)肝吸いと合わせて 1,820 円

     

    炭焼きうなぎ 武冨

    近鉄奈良線「瓢箪山駅」から「サンロード瓢箪山」を北に約 500m、アーケードを抜けて200m を右に入ったところにあります。

     

    ここは、今年6月にオープンした白焼きと本焼きを炭焼きにこだわるうなぎ専門店です。

     

     武冨蒲焼

     

    持ち帰りのみの販売ですのですが、味とボリュームにおいてコストパフォーマンスは高いです。蒲焼一匹のサイズは 30cm 以上で、炭焼き特有の香ばしい風味も特徴的です。

     

    特に半助(うなぎの頭)が香ばしくておいしいですね。

     

    今後のブランディングの成長に期待したいです。

     

    蒲焼一匹タレ付きで3,000円

     

     

    うなぎ専門店の未来を信じて

    近年のウナギの稚魚の価格高騰で、うなぎ専門店が減っていくというのはとても寂しい限りです。

     

    塚本勝巳氏らによってウナギの産卵場所の解明されてから10年になりますが、ウナギの生態で未解明なことが多く完全養殖が困難とされてきました。

     

    しかし、ついに試験レベルでの完全養殖が実現したそうです!国立研究開発法人 水産研究・教育機構 FRANEWS VOL.23

     

    ふ化してからウナギの稚魚「シラスウナギ」になるまでに、「プレレプトセファルス」→「レプトセファルス」という「仔魚(しぎょ)」の過程を踏みます。

     

     ❝

    うなぎの生態2

    (出典:農林水産省:特集1 養殖技術開発の最前線(5)より

     

    この仔魚からシラスウナギへの育成技術に大変高いハードルがありました。現在はシラスウナギの量産化が課題になっているそうです。

     

    うなぎが再び庶民の味となることを強く願います。

     

     

     

  • 鶴見区の牛すじカレーが美味しいおしゃれカフェ

    作成日2019年05月14日(火)

    今回の記事は、今津中に最近オープンしたカフェ(マーベリック コーヒー&ボイド)のご紹介です。

     

    今津公園と汎愛高校に挟まれた通りを西に300m、外観が広葉樹の並木と上手くマッチしたおしゃれなカフェです。

     

    maverick1

     

    こちらの主力商品はもちろんコーヒーですが、なんといってもランチメニューの「牛スジカレー」が大人気(税込900円:サラダとソフトドリンク付)!

     

    なんとテイクアウト販売もされているそうです。  

     

    maverick2

     

    背景に写ってるのはインダストリアル素材の流木。インテリアには古材が使われていたりして、おしゃれで落ち着いた雰囲気です。

     

    私はカレーのルウ食いを楽しむ人種なのでビールも頼みました。こちらではハイネケンとコロナが置いてあります。ワイン、スパイス、ハチミツを加えてじっくり煮込んだ牛スジは、味がしっかり奥までしみててビールに合いますね(*'▽')

     maverick3

     

    食後に頂いたコーヒーは酸味のないスッキリした味で、男前のにぃちゃんが丁寧にハンドドリップして持ってきてくれます。

     

    使っている器がまたおしゃれで、米国ファイヤーキング製耐熱グラスの年代物だそうです。もうワビサビの世界ですよ。

     

    maverick5

     

    夜間営業は21時30分までで、おもむきがガラッと替わってお酒が楽しめる雰囲気になるそうです。

     

     

     

  • 徳庵で人気!手作り練り物店(田村蒲鉾店)

    作成日2019年04月06日(土)

    徳庵本町にある「練り物店」のご紹介です。

     

    1554627834367

     

     

    「 ごぼ天」は関東煮(かんとだき)の具材で定番ですが、プリッとまた香ばしい風味はビールのあてにピッタリ!

     

    昔から関西ことに大阪で天ぷらといえば、小麦粉のころもで揚げるタイプではなく、もっぱら練り物の方をいいました

     

    DSC 0931 

     

    ここの天ぷらは一つひとつ手作り。上質なすり身を手際よく成型して丁寧に揚げていらっしゃいます。

     

    オリジナル商品の「おいしいわ」はおすすめです。

     

    今晩のおかずの一品にいかがでしょうか。

     

    DSC 0949

     

     

     

     

  • 鶴見区の穴場!ミシュラン店の味をご家庭で楽しむ

    作成日2019年02月21日(木)

    ミシュランガイドに掲載された餃子専門チェーン店「大阪王」の製造工場の直売店が、鶴見区今津北にあります。掲載されたのは「京橋総本店」の方なんですがね。関西エリアの餃子ジャンルで掲載されたのは、ここが初なんだそうです。

     DSC 0771

     

    ここでは、生餃子二人前540円から購入できます。専用のタレも付いてて箱の裏には調理方法がていねいに記載されています。

     

    DSC 0782

     

    この記載されている調理方法は初心者向けに手順を簡略化してありますが、私は少し手間をかけて調理してます。 

     

    tyouri 

    焼餃子は初め強火で加熱して最後は中火で焼目をつけるのが理想なんです。なぜなら皮の弾力をよくするために強火で皮のでんぷんを糊化(こか)する必要があるからです。しかし、フッ素加工した家庭用フライパンは、中火(炎が鍋のウラにぎりぎり当たるくらい)より強い火力を使うと劣化を早めてしまいます。

     

    なので、私はフライパンに入れる水を熱湯にしています。そうすると中火でフライパンを傷めないで店の味に近づけることができるんですねぇ。

     

    なお、熱湯を注ぐときは、必ず皮についている打粉が鍋底に流れ落ちるように餃子の上からかけてください。そうすると溶けた打粉が餃子の羽を作ってくれます。

     

    また、調理説明ではフライパンに使う油を多めとありましたが、最初から多めではなく鍋肌をなじませる程度にして、水分がなくなっていよいよ焼目を付けるタイミングに油を加えるとカリッと仕上がります。この仕上げの油をごま油にすると更に風味が増しますね。「ジュー」という音がなくなり「パチパチ」と乾いた音がして1分前後、鍋底の羽がしっかり色づいたら食べごろです。

     dekiagari

     

    簡単調理の冷凍餃子が普及してますが、ときにはミシュラン級の餃子をご家庭で楽しむのはいかがでしょうか。

     

     

     

  • 東大阪にある老舗コーヒー店のアイスモナカ

    作成日2018年12月17日(月)

    東大阪の名店のご紹介です。

     

     DSC 0100

     

    JR河内永和駅、近鉄河内永和駅の近くにアイスモナカ専門店があります。

     

    本町に本店を構える「ゼー六」という人気喫茶店の支店で、創業100年を超える大老舗。この東大阪の支店だけでも約60年になるそうです。

     

    DSC 0657 

     

    ビジネス街にある本店は、モナカを求めるサラリーマンやOLで列が絶えません。

     

    店内には包装用の新聞紙が高く積み上げられていて、持ち帰り時間に応じて忙しなく新聞紙をいく重にも包んでもらいます。保冷剤を使わないところは、さすが船場商人(せんばあきんど)の倹約精神のこだわりでしょうか。

     

    ここ東大阪の支店では、ごりょんさんおひとりで、しずしずと営んでおられます。ここでも新聞紙で包む保冷方式は変わりません。

     

    DSC 0660

     

    この「バニラ」のモナカは、乳製品でありながら爽やかなフルーティーな風味。もうお察しの方もおられると思いますが、モナカで挟まれているのはバニラアイスクリームではなく昔ながらの「アイスクリン」というもの。こんな素朴でおもむきのある味は、こじゃれたカフェでは味わえないですね。